キヌア スープ ペルー

MENU
Sponsored Link

本場ペルーではどのように食べる?ペルーのキヌアスープをご紹介!

このエントリーをはてなブックマークに追加  

今話題のスーパーフードキヌア。日本で食べられているものは、ほとんどがペルー産のものです。日本では新しいものというイメージがあるかもしれませんが、ペルーでは古来から主食として食べられていたのです。本場ペルーではどのような食べ方をしているのでしょうか?日本とは違うものなのでしょうか。

 

本場のスープレシピとともに紹介しますね。

 

Sponsored Link

 

ペルーではどのように食べられている?

日本ではお米に混ぜて炊いたり、お米の代わりにピラフなどにしたり、サラダに入れたり、というのが定番の食べ方になっていますが、本場のペルーではどのような食べ方をしているのでしょうか。

 

ペルーで一番食べられているのは、スープです。様々な味のスープに合わせてよく食べられているそうです。最近はキノットといってキヌアのリゾットもよく食べられています。この2つは日本でも定番となっていますね。

 

さらに、ペルーでは小麦粉と合わせてクッキーやケーキやパンの生地にすることもあります。他には、果物とにて甘い飲み物にしたり、発酵させてビールにような飲料やチチャのようなアルコール飲料を作ったりもするそうです。

 

これはなかなか日本では見られない食べ方ですよね。そのうち日本でもキヌア飲料が発売されるかもしれませんね。

 

続いて、日本でも真似しやすい、ペルーのスープのレシピを紹介しますね。

 

ソパ・デ・キヌアのレシピ

キヌアスープ:ペルーのレシピ

※画像はイメージ

 

ペルーで食べられているキヌアのレシピの中で、「ソパ・デ・キヌア」というスープがあります。野菜のだしをしっかり感じられる優しい味ですので、とっても食べやすいですよ。しかも、特別な食材がなくてもできるので是非試してみてください。

 

材料(3〜4人分)

 

  • タマネギ:1/2個
  • トマト:1個
  • 小松菜:1/2束
  • 人参:1/4本
  • キヌア:大さじ3
  • 水:600cc
  • コンソメ:1.5個(顆粒の場合大さじ1)
  • オレガノ:少々

 

1.タマネギは粗みじんぎり、トマトは2cm角、小松菜は3cmにざく切り、人参は細切りにする。
2.鍋に水を入れてタマネギを入れて煮込む、
  沸騰したらコンソメ、トマト、ニンジン、キヌア、オレガノを入れ、
  10分以上に煮込む。
  キヌアが透明でプチプチになるまで煮込みましょう。
3.小松菜を加えてさっと煮込み、塩コショウで味を整える。

 

参考:ペルーの味を再現?ソパ・デ・キヌア〜Sopa de Quinua〜Que rico!

 

自宅でも試せるレシピですよね。野菜は自宅にあるものに変えても大丈夫です。日本のレシピと違うところは、炊いたキヌアを入れるのではなく、ナマのキヌアを入れてスープで煮込むというところですね。

 

味のあるスープで煮込んだほうがより味が染みこんで美味しくなるのかもしれません。このレシピ以外でも、他のスープもこの作り方で作ってみてもいいですね。

 

ただし、キヌアはよく洗わないとクセが残りますのでよく洗ってから入れてくださいね。

 

まとめ:本場の食べ方でぜひ

ペルーでのキヌアの食べられ方は、日本のものとは若干違いましたね。

 

ですが、スープはすぐにでもできますし、日本人にも好まれる味ですのでぜひ試してみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加  
Sponsored Link